JR新宿駅新南口から徒歩2分、新宿三丁目駅連絡通路〔E6出口〕すぐ
03-3351-0032

脂質異常症

脂質異常症とは

脂質異常症とは

トリグリセリドなどの中性脂肪やコレステロールといった血液中の脂質の濃度が慢性的に高い状態、もしくはHDL(善玉)コレステロールが少ない状態を脂質異常症と言います。もともとコレステロールは体に必要なもので、細胞膜、ホルモン、胆汁酸をつくる材料なのですが、これが多すぎると血中のコレステロールが過剰(LDL(悪玉)コレステロール)になって動脈硬化を誘発し、少なすぎると免疫力が低下してしまうのです。

脂質異常症も糖尿病や高血圧などの生活習慣病と同様に自覚症状がほぼないのも特徴です。そのため、血液検査や健康診断で指摘されて気づくことが多いようです。それでも放置を続けると動脈硬化が進行していき、やがて心筋梗塞や脳卒中などの発症させてしまう原因となる可能性もあります。

なお発症の主な原因は、エネルギーの過剰摂取(食べ過ぎ)や偏食をはじめ、喫煙・飲酒、運動不足などの環境的要因が重なって引き起こされると考えられています。

治療について

脂質異常症の治療は、主に生活習慣の改善(食事療法・運動療法)と薬物療法になります。生活習慣の改善策としては、栄養バランスのとれた食生活(野菜・魚・豆を食べる)、ウォーキングや水泳などの有酸素運動(無理のない軽度な運動を1日30分以上)、禁煙などが挙げられます。なお脂質異常には3つのタイプ(高LDLコレステロール血症、低HDLコレステロール血症、高トリグリセライド血症)があるのですが、タイプによって食事療法が異なります。

高LDL(悪玉)コレステロール血症の方は、動物性脂肪を含む食品とコレステロールを多く含む食品を減らし、植物性脂肪を含む食品を増やします。また高トリグリセライド血症の方は、糖質の多い食品やお酒を控えるほか、摂取エネルギー(カロリー)を適正にする必要があります。そして低HDLコレステロール血症の方は、トランス脂肪酸のとり過ぎに注意します。

このような食事療法や運動療法でも効果がみられない場合は、コレステロールや中性脂肪を低下させる薬物療法を行うことで脂質をコントロールするようにします。

院長名
朝長 修
診療科目
内科・眼科・循環器内科
住所
〒160-0022
東京都新宿区新宿4-2-23 新四curumuビル9階
アクセス
JR新宿駅新南口から徒歩2分、
新宿三丁目駅連絡通路〔E6出口〕すぐ
お問合せ
03-3351-0032(完全予約制)

ACCESSMAP

地図
内科受付時間
 
8:30~ 朝長
9:00~11:30 朝長 朝長 朝長 朝長 朝長・中神 朝長
14:00~16:30 朝長 中神 朝長 朝長 大屋
17:00~18:30
(火曜~19:00)
朝長・内潟※1 朝長

すべての診療は予約制です。

  1. 内潟医師の火曜日は毎月第2週が休診です。第5週の診療は16:30までとなります。
眼科受付時間
 
9:00~11:30 武田※1 武田※1 眼科担当医※3
17:00~18:30
(火曜~19:00)
清水※2

すべての診療は予約制です。

  1. 武田医師は9:45より診療。
  2. 清水医師は第1、第3週に診察。
  3. 土曜日の眼科診療は担当医が不規則に変更する可能性があるため、
    担当医師の表記を「眼科担当医」とさせていただきます。
    当日の眼科担当医の詳細をご希望の方はお電話(03-3351-0032)頂ければ幸いです。
循環器内科受付時間
 
9:00~11:30 薄井
14:00~16:30 堀川

すべての診療は予約制です。