JR新宿駅新南口から徒歩2分、新宿三丁目駅連絡通路〔E6出口〕すぐ
03-3351-0032

肥満症

肥満症とは

肥満症

肥満とは、適正体重を超えていて、中性脂肪を必要以上に蓄えている状態を言います。この肥満であるうえに、生活習慣病(糖尿病、高血圧、脂質異常症、高尿酸血症など)や睡眠時無呼吸症候群といった健康障害を起こしている場合、肥満症と診断されます。

肥満症の元となる肥満の原因ですが、これは主に食べ過ぎによるエネルギーの過剰摂取と運動不足です。運動が不足することで消費される消費エネルギーの量が少ないと、余ったエネルギーは皮下脂肪や内臓脂肪として体内に蓄積されて、肥満になっていくのです。肥満は放置しておくと、動脈硬化を進行させ、やがて心臓病や脳卒中といった疾患を招くこともありますので注意が必要です。

なお、自分が肥満かどうか確認したい場合、簡単に肥満度を測る方法として身長あたりの体格指数を示すBMIという指標があります。この値が22であれば健康と判断され、18.5以上25未満が標準域となります。なお数値が25以上の場合は肥満と判定されます。BMIの計算法および肥満判定の数値については以下の通りです。

BMI計算法

BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)
適性体重(kg)=身長(m)×身長(m)×22

BMI判定表、日本肥満学会の判定基準(成人)

指標(BMI) 判定
18.5未満 低体重(痩せ型)
18.5〜25未満 普通体重
25〜30未満 肥満(1度)
30〜35未満 肥満(2度)
35〜40未満 肥満(3度)
40以上 肥満(4度)

治療について

肥満症と判断されたら肥満の解消に努めるようにしてください。ただし、生活習慣病などの合併症がある場合は、その治療も併せて行うようにします。なお、肥満の治療法ですが主に食事療法と運動療法になります。

食事療法では、1日に1000~1800キロカロリーほどの摂取に努めるようにします。また、肉類や脂っこい食事は避け、魚、野菜、海藻など中心にした栄養バランスの摂れた食生活を心がけます。運動療法では、脂肪の燃焼効果が高いとされるウォーキングや水泳(水中運動)といった有酸素運動を継続的に行うようにします。なお肥満度が高すぎたり、合併症の症状が重いといった場合などは、薬物療法や外科的治療が行われることもあります。

院長名
朝長 修
診療科目
内科・眼科・循環器内科
住所
〒160-0022
東京都新宿区新宿4-2-23 新四curumuビル9階
アクセス
JR新宿駅新南口から徒歩2分、
新宿三丁目駅連絡通路〔E6出口〕すぐ
お問合せ
03-3351-0032(完全予約制)

ACCESSMAP

地図
内科受付時間
 
8:30~ 朝長
9:00~11:30 朝長 朝長 朝長 朝長 朝長・中神 朝長
14:00~16:30 朝長 中神 朝長 朝長 大屋
17:00~18:30
(火曜~19:00)
朝長・内潟※1 朝長

すべての診療は予約制です。

  1. 内潟医師の火曜日は毎月第2週が休診です。第5週の診療は16:30までとなります。
眼科受付時間
 
9:00~11:30 武田※1 武田※1 眼科担当医※3
17:00~18:30
(火曜~19:00)
清水※2

すべての診療は予約制です。

  1. 武田医師は9:45より診療。
  2. 清水医師は第1、第3週に診察。
  3. 土曜日の眼科診療は担当医が不規則に変更する可能性があるため、
    担当医師の表記を「眼科担当医」とさせていただきます。
    当日の眼科担当医の詳細をご希望の方はお電話(03-3351-0032)頂ければ幸いです。
循環器内科受付時間
 
9:00~11:30 薄井
14:00~16:30 堀川

すべての診療は予約制です。